あるITコンサルティング会社、ビジネスを変える

私たちはデジタル技術により会社の事業を一新し、業績をアップさせ競争力に於いて優位に立てるようお手伝いします。

マインドシェア社にてIoT(モノのインターネット)ワークショップ

Wakayama I/Oはマインドシェア社のハドルにて2度のIoTワークショップを開催いたしました。ワークショップでは、当社のブルートゥース開発ボード・iOSアプリのbleBitを利用して、どのようにして接続されたデバイスを試作できるのかを披露しました。

  • iOS
  • Android
  • C
  • TDD
  • Python
  • Bash
  • Node.js
  • JavaScript
  • React
  • HTML5
  • CSS3
  • Angular
  • Git
  • SCSS
  • AWS
  • Postgres
  • Elasticsearch
  • Analytics
  • Arduino
  • BLE
  • MQTT
  • Unity 3D

私たちの専門技術

アプリ、ウエブサイト、API、モノのインターネット・プロジェクト、デジタル化されたものすべて。無駄がなく、データ駆動型で、そのサービスは、イノベーション・コンサルティングから、デジタル・トランスフォーメーションまで様々です。会社の必要性や目標に合った適切なソリューションを提供し、事業を促進させます。

bleBit

当社のbluetooth開発ボード・iOSアプリ、bleBitをご紹介いたします。 Wakayama I/Oの bleBitは、モノのインターネット( IoT)製品の開発時間を短縮します。 当社では、ウエアラブルからインダストリー4.0に至るまで、IoTプロジェクトでbleBitを使用しています。

Costaの新しい販売促進ウエブサイト

私たちは、Costaが多言語の販売促進ウエブサイトを新たに公開するのを手伝いました。予約ファネルの構築と最適化を行い、オンライン・コンバージョンをかなり増加させました。迅速な展開や、所要時間の改善などの要求に、 JavaScript やNode.js が対処しました。

流行の将来に対応するBluetooth Smart

私たちは、サンフランシスコに本拠を置くファッションの新設企業、XOが、Z世代向けの対話型光ファイバー素材の衣類やアクセサリーを発表する際も手助けをしました。コレクションは2016年2月のニューヨーク・ファッション・ウイークで開催されました。私たちは、 Bluetoothのファームウエアを開発し、 iOSアプリを統合しました。

バーチャル・リアリティで初の歯科診療

私たちは、最新のバーチャル・リアリティ技術を使用し、Nobel Biocareが歯の移植の刷新を祝う際にも一役買いました。この仮想現実体験には、Oculus Rift によって作られた360度ビデオ、バーチャル・リアリティ・ヘッドギア、そして付加物を追跡する触れることができない手が利用されました。訪れた人々は、移植組織を据える外科医の立場に立つことができ、その間歯科助手たちが手術の手助けをしています。この体験の場は2015年国際歯科展示会において設けられました。

子供のためのロボット工学

私たちは、子供たちにロボットの作り方を見せました。これらのロボットは、Dr. Mark W. TildenのBEAMロボット工学という考えに基いて作られています。BEAMロボットは、厳密に言って、ロボットという言葉が暗示するような”仕事する人”ではなく、例えば昆虫のような自然の生物にヒントを得ることが多い、どちらかと言えば人工的な生き物といったほうがよいでしょう。この授業は、ストックホルムのKonstfack 大学で行われました。

ロボット・ガーデン

何体ものロボットが、小さな植物が植えられた庭に住んでいます。 ロボットは動き回って、光センサー・データを集めます。ロボットが植物に向かい合うと、その場所の光のレベルを、以前に記録した記憶と比較します。そしてロボットは、その植物を今の場所に置いておくか、もっと日の当たる場所に移すべきか判断します。そのうちに、もっと多くの植物が、庭のもっと日当たりのいい場所に置かれるでしょう。ロボット・ガーデンはリトアニア共和国のヴィリニュスのNEU NOW フェスティバルで展示されました。

データ駆動型の発展

私たちは第一日目からデータを追跡、監視し、とても協力的な環境のなかで、クライアントがデータに基づく決定ができるよう、また、最高の結果がだせるように努力しています。私たちは、ユーザー・セグメンテーション、A/Bテスト、多チャンネル分析を仕事の中で利用しています。

スピードが勝利する

私たちはアイデアを迅速に有効にするため、MVPを開発しています。これにより、アイデアを頻繁に繰り返し、正しい方向に進めることが可能になります。テスト段階が終わっった後、あなたの製品の評価をお手伝いします。ハードウエアやソフトウエア開発の健全な知識を得ることで恩恵を受けてください。

私たちの一部のクライアント

ご連絡ください

お名前とメール・アドレスをご入力ください、すぐにこちらからご連絡します。